HOME > ブログ

ブログ

「カバーズ」

「暑い夏がそこまで来てる
みんなが海へくり出していく
人気のない所で泳いだら
原子力発電所が建っていた
さっぱりわかんねえ、何のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース
 

熱い炎が先っちょまで出てる
東海地震もそこまで来てる
だけどもまだまだ増えていく
原子力発電所が建っていく
さっぱりわかんねえ、誰のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース
 

寒い冬がそこまで来てる
あんたもこのごろ抜け毛が多い 
それでもテレビは言っている
「日本の原発は安全です」
さっぱりわかんねえ、根拠がねえ
これが最後のサマータイム・ブルース
 

あくせく稼いで税金取られ
たまのバカンス田舎へ行けば
37個も建っている
原子力発電所がまだ増える
知らねえ内に漏れていた
あきれたもんだなサマータイム・ブルース
 

電力は余ってる、
要らねえ、もう要らねえ
 

電力は余ってる、
要らねえ、欲しくない
 

原子力は要らねえ、
危ねえ、欲しくない
 

要らねえ、要らねえ、欲しくない
要らねえ、要らねえ、
 

電力は余っているよ
要らねえ、危ねえ、」
(「サマータイム・ブルース」RCサクセション)

 

忌野清志郎の原子力批判の歌詞をのせたカバーアルバム「カバーズ」が所属レーベルの東芝EMIから発売禁止になったというエピソード、あったあった、そういうの。
インターネットで聴けるようなので、上記をクリックしてちょっと聴いてみてください。著作権は問題ないのだろうか・・・ま、いっか、もともと歌詞を引用するのだって問題だしな。
 

1988年というと僕は中学3年で、公民の先生が授業のたびにいつも朝日新聞を読んでは左に僕らを誘導していた年だ。素直な僕は原子力発電所と自衛隊はあってはいけないものだと素直に思いこんで自民支持をこぼした英語教師といかに共産党を支持すべきか議論し、計算高い優等生たちは原子力発電所と自衛隊は問題のある存在だと答案に書かないと公民はいい点数がもらえないと読んで、結局みんな中間と期末ではいずれも左派的な答案を書いていた。
 

しかし僕が進学した大学は「官僚養成学校(当時)」。
政治学でも法学でも、「バランス」という言葉が金科玉条のごとく・・・いや、金科玉条そのものであった。そしてバランスのとりかたを講義を受け、練習していくうちに、
どんなに左の人でも右を向くように育てられていった(だってそうでしょ、学生時代公安に目をつけられていた人だって、弁護士になったら現行法的に筋の通った主張しかしなくなるもの。)。
 

今日福島第一原発の事象がレベル7に引き上げられたけれども、中学生のときのような、「原発反対」という社会派に転じる素直さは失ってしまったようだ。
日本の原発依存率は約3割と決して高くないし、原発もたくさんある割にはしょっちゅう点検作業で止まってて実働はもっと少ないから、脱原子力ということも不可能ではないのかもしれないけれども、石炭や石油を燃やして発電するのが地球に優しいか、石油の供給は持続的に可能かというとはてなマークがつくような気がする。
だいたい、JCOの臨界事故だって濃縮ウランをバケツで混ぜていたっていう、おいおいっていうところから起きた事故だし、今回だって東電のラインはみんな文系で現場のこと分かっていなかったから対応が後手後手になったのだというから、安全対策の補強は急務だと思うのだけれども、そのためには技術としての原子力を否定するよりも、技術者を育てて技術を高めて技術経営を推し進めていくのが現実的だと思うんですよね。仮にこの先50年30キロ圏内が立ち入り禁止区域になったとしても、石油を燃やし続けるわけにはいかないのではないか・・・あ、「現実的」というのも金科玉条です。


とにかく、理系は経営トップになれないと言う現状は改まらないといけない。
菅首相には批判が多いけれども、事故直後から東日本がつぶれることもあり得るという認識を持っていたことを「否定しない」と記者会見で述べていたあたり、さすが理系だなと僕は見直しました。
特に、東大ではたしか原子力工学科は進学振り分け(注)で成績が悪くてそこにしかいけない人たちが行くような学科だったとたしか聞いた覚えがあるんだけど、それじゃまずいよな。
 

(注)
東京大学は入学した時点では文科・理科各Ⅰ類Ⅱ類Ⅲ類に分けられてはいるものの専門として何を専攻するかは未定のまま「教養学部(前期課程)」という学部に所属して一般教養を勉強し、その成績で行きたい専攻に行けたり、行けないから自発的に降年(2年生の途中から1年生になること。2年生を繰り返す留年とは異なる。)して平均点アップを図ったり、あきらめて興味のない専攻に進んだりと分かれて行くのです。
僕の進学した文科Ⅰ類は、規定上、勉強すれば教養学部の後期課程に進めるもののほとんど法学部にしか進めず、また法学部以外に進むことを希望する人もまれだったので、あまり勉強しませんでした。教養学部は多種多様な教官がそろっているし、なにしろ一般教養だけで部局を持っているのは日本では東大だけなので、もっと勉強しとけばよかったなと思っても後の祭りで、気づいた時にはもう僕は弁護士になっていました。もう大学に入り直すとしても専門課程からの編入学となり、前期課程は履修できない・・・
もっと早くそのことに気付いたのであろう女の子がいまして、都市伝説ですが、法学部進学後「法学部の男は馬鹿」と言って教養学部の学部長に転学部の許可をもらいに直談判に行き、「頭を冷やしてきなさい」と学部長に言われたその子は廊下の水道から水を頭にぶっかけて「頭冷やしてきました」と切り返したそうな・・・信じるか信じないかはあなた次第。ま、本人は否定していましたが、大学院から教養学部の大学院に進みましたな。
上記のRCサクセションの曲のURLはその自称「にわか社会派」女の子のブログに貼ってあったものですが、ここでおちょくっていますのでリンクは張らないことにします


福島に行きます。

日弁連が月曜日から毎日4人の弁護士を福島の避難所に派遣するということで、僕も行くことになりました。
 

ただ、まだ境界がどうなるとか労使紛争がどうのとかいう問題が生じるほど落ちついてはおらず、東京であれば報道で容易に知り得る災害弔慰金とか社会福祉協議会の緊急小口貸付とか、失業していなくてももらえる失業保険とか、身分証明書があれば通帳も印鑑もなくても預金はおろせるとか、そういったことを周知させるのが精いっぱいだそうです。
 

まだそれでもこれらは一応法律相談にはなっていますが、実際には、ただ1時間くらい話を聞いて頷いてあげるということがほとんどだそうで、弁護士よりも心理士と報道関係者に行かせた方がいいんじゃないかななんて思うのですが。。。
 

今日のミーティングでいわきの弁護士が来ていました。身内にも亡くなられた方がいるということで泣きながらのスピーチでしたが、気を引いたのは、新聞記者が取材に来た後、

「福島には入りたくないから避難所の写真をくれ」

と言ってきたそうな。自分の目で見たものを報道するのが報道機関の使命じゃなかったのかと憤っていました。
 

福島は(原発30キロ圏を除いては)大丈夫、なかにはレインコートを着て重装備の人もいるけど、何も気にせず普段着で外を歩いている人もいる、気分の問題にすぎず、まさに風評被害だ、ということでした。

どこの避難所に何回行くのか、まだ知らされていませんが、何か持っていってあげたいですけど、避難所の管理上問題あるのかどうか、どうでしょう。
お話の聞き手になるのなら、和菓子なんか持っていったらどうだろうと思うのですが。
それとも新聞なんか重宝するのでしょうか。プリンターを持っていった弁護士がいて、インターネットで調べた情報をプリントアウトして差し上げると喜ばれたとも言っていました。


とりあえず自分の水は4リットルくらい持っていきます。よく飲むので。
(地震直後、何も持たずに、陸路歩いて現地に行き、2日間食べるものもなく、市役所の人から被災者用のお菓子を食べてしのいだとツイッタ―でつぶやいたバカ中国人記者がいたそうです。)
 

いわき市は地震・津波・原発・風評で避難指示区域よりもある意味苦難に直面しているそうです。
あれ、五重苦だったよな。あと一つなんだろ。
いわき市への寄付自体が寄付金控除の対象になるそうなので、みなさんも。


バレンタインデー

「2月14日・・・この日は毎年どんなに肩身のせまい思いをしたことか

今年こそはとゆー大きな期待感がやがて今年もかとゆー失望感に変わってゆく長い長い一日・・・」

(まつもと泉「きまぐれオレンジ☆ロード」)

 

期待感すらないわい。
今日はウエハースチョコを食べて過ごそう。


食玩

こなた「ねぇ かがみ ウェハースチョコって好き?」
かがみ「好きだけど?」
こなた「そっか じゃあこれどうぞー」
かがみ「お サンキュ」
こなた「はいどーぞ」
かがみ「おぅ ありがと」
こなた「まだあるよー」
かがみ「おー」
こなた「まだまだあるから・・・どんどんどうぞー」
かがみ「・・・まてまて 何でそんなにあるんだよ」
こなた「いやー 食玩なんだけどさ 欲しいのなかなかこなくて・・・つい大人買いをネ?」
かがみ「いるよなー景品ばかりに目がいってお菓子をないがしろにするヤツ 子供かあんたは」
(美水かがみ「らき☆すた 2」)

 

去年のクリスマスにセブンイレブンがやっていたAKB48のプラカード入りウェハースチョコがまだ大量に余っている。。。しかも半分くらいはふくろを開けた状態で・・


1996年1月5日

「空が青いから」
(村山富市内閣総理大臣(当時)が辞職の理由を記者に聞かれて)

 

今日も空は青かったなあ。
仕事辞めて沖縄行きたいなあ。

あ、でもその前に今月の終わりには大学の試験があるのだ。。。
実は今、法学、心理学につづいて哲学を勉強しています。
日本語が日本語に思えんぞ。
 

PS. 諭吉さんへ  正体を明かしてくれれば誕生日プレゼント差し上げますよ。


探し物

「探し物はなんですか 見つけにくいものですか
かばんの中も机の中も 探したのに見つからないのに
まだまだ探す気ですか それより僕と踊りませんか
夢の中へ 夢の中へ 行ってみたいと思いませんか」
(「夢の中へ」斉藤由貴)

 

うちの事務所にはブラックホールがいくつもある。
置いておいたはずの場所に置いておいたはずの記録がなくなっていることなどしばしばだ。
数人の事務員が手分けして作業しているので、電話がかかってきたら人の机の上を探して記録を引っ張りだして応対し、そのままにしてしまうのが原因だ。
 

あまりに時間のロスが多すぎる。
それより踊って、夢の中へ行ってみたい。
 

そして結局、目の前にあったりするのがむかつく。
さて、どうすればいいだろう。


わざわざ

「人って面倒だな・・・・・・なんでこんな簡単にスキマが空くんだ・・・?
人生、良いことも悪いこともある。 でも、みんな悪いことばかり数える・・・
なんで わざわざ・・・・・・」
(若木民喜「神のみぞ知るセカイ 9」)

 

オプティミストほど成功する、なんていう本が私の横に積まれていますが、今夜は108の煩悩をかぞえるのではなしに、108の今年良かったことを考えて過ごしましょう。
 

・・・そんなにあるのかな?


南極に行くか。

入院して102キロまでやせましたが、また115まで戻りました。
 

ランニングのカロリー消費のかんたん目安は、

消費カロリー=体重×距離

だそうです。
 

大人買いしたAKB48のウェハースチョコが一個110キロカロリーですので、10個(1100キロカロリー)のカロリーを消費するには、約10キロの走破が必要になります・・・・
 

「『南極に行くと一日7000キロカロリー消費するらしいぜ』
『だからなんなのよ!!』」

(若木民喜「神のみぞ知るセカイ 8」)


ペドフィリア

AKB48の劇場公演のチケットに当選したので(といっても研究生公演だが)、秋葉原はAKB48劇場に行ってみた。
研究生っていっても、ダンスはやっぱり上手だわー
かわいい、って子がいたのだけれど自己紹介を聞くと、メンバーの半分くらいが14歳。中学生。。。
 

これってアリなんだろうか・・・
 

「小児性愛(Pedophilia)
A 少なくとも6ヶ月間にわたり、思春期前の1人または複数の小児(通常13歳又はそれ以下)との性行為に関する、強烈な性的に興奮する空想、性的衝動、または行動が反復する。
B その人が性的衝動を行動に移している、またはその性的衝動や空想のために、著しい苦痛または対人関係上の困難が生じている。
C その人は少なくとも16歳で、基準Aにあげた子供より少なくとも5歳は年長である。」
(「DSM-Ⅳ-TR 精神疾患の分類と診断の手引」American Psychiatric Association)
 

・・・アリだな。


クリスマス・イブ

「今日が何月何日かお前知ってるか?」
「十二月十七日」と俺。「それがどうしたんだ?」
「どうしたもこうしたもねえ。一週間後に胸が躍るような日がやってくるのを、お前は知らんのか?」
「ああ、なるほど」俺は正解を思いついた。「終業式だな。確かに冬休みは心待ちにするに足りるイベントだ」
しかし谷口は、山火事に出くわした小動物のような一瞥をみまい、
「違うだろ!一週間後の日付をよーく思い出してみろ。自ずと解答にたどり着くだろーが」
「ふん」
俺は鼻をならして、もわっと白い息を吐いた。
十二月二十四日。
解ってたさ。来週に誰かのでっち上げか陰謀のような行事があるってことくらい、とっくにお見通しだ。
(谷川流「涼宮ハルヒの消失」)

 

何の予定もない。誰かのでっちあげか陰謀だ。


<<前のページへ1234567891011

アーカイブ

このページのトップへ