HOME > ブログ > 前妻との間の子供の養育費を負担しているときの婚姻費用や養育費の算定

ブログ

< 遺産分割問題を行政書士・司法書士に相談しないでください。  |  一覧へ戻る  |  求刑通りの判決に対し検察が量刑が重すぎる、と控訴 >

前妻との間の子供の養育費を負担しているときの婚姻費用や養育費の算定

 婚姻費用の額や養育費の額については、裁判所が算定表を公開しており(裁判所のホームページや、私のホームページにも掲げています。)、縦軸と横軸に夫と妻の収入をとり、子供の年齢、人数に対応した表を見れば額が定まり、そこに記された幅の範囲内で金額が決められるわけですが、この表は妻との間にしか子供がいないことを前提としており、ほかの人との間の子供の養育費を負担している場合には、算定表は使えません。
 このような場合には、別居、離婚しようとする相手との間の婚姻費用、養育費を算定するにあたり、ほかに養育費の負担義務のある子どものことを考慮する特別の算定式があります。
 具体的なことについては、お気軽にご相談にお越しください。

< 遺産分割問題を行政書士・司法書士に相談しないでください。  |  一覧へ戻る  |  求刑通りの判決に対し検察が量刑が重すぎる、と控訴 >

このページのトップへ