HOME > ブログ > HAPPY BIRTHDAY, MAIKA

ブログ

< 職質に答えるのは義務ではないですよ~だ。  |  一覧へ戻る  |  DHMOに反対しよう。 >

HAPPY BIRTHDAY, MAIKA

「HAPPY BIRTHDAY TO YOU.
この広い世界は すべての国境をこえ 誰でも持っている。
素晴らしい一日を」(「Birthday song」BEGIN)
 

今日は娘の舞花の誕生日。
誕生日プレゼントとして、4種類のプレゼントを用意した。
1つ目は、紙でくるんでプラケースに入れた1万円分の図書カード。
2つ目は、紙でくるんでプラケースに入れた500円分の図書カード
3つ目は、プラケースに入れた板野友美の生写真
4つ目は 明らかにお金と分かるように入れた1円玉や5円玉をじゃらじゃらといくらか。
いずれも封筒に入れて、厳封したので、僕もどれがどれだか分らない状態です。
 

 そして、この中から、2つを選んでくださいと言いました。
 
 もともとは最初の3つから1つを選んでくださいとしようと思っていたのだが、舞花が3つのうち1つより4つのうち2つの方が3分の1が2分の1になって得だから4つのうち2つがいいというので4つ目を用意した。
 どうも、しょうもないプレゼントが一個増えて1万円が当たる確率が3分の1から4分の1に落ちるかもしれないということには気づかなかったようだ。)

一応紙にくるんで、透かしても分からないようにしたつもりだったのだが、透かしたら図書カードの影が映ってしまっていて、図書カード1万円分と500円分がどれかは簡単にばれてしまった。
その後舞花は一生懸命小銭がいくらあるか封筒の上から手触りで探っていたが、途中でわけがわからなくなり、結局図書カード2枚のプレゼントとなった。
 

ちなみに、選び終わった後小銭を数えたら1500円くらい入っていた。


< 職質に答えるのは義務ではないですよ~だ。  |  一覧へ戻る  |  DHMOに反対しよう。 >

このページのトップへ