HOME > ブログ > 腹を立てないソクラテス

ブログ

< 君が代・日の丸  |  一覧へ戻る  |  英語の訛り >

腹を立てないソクラテス

「怒りっぽい人と対照的に、まったく腹をたてなかったのはソクラテスである。かれの妻クサンチッペは悪妻として有名だが、ソクラテスは何をされても腹を立てなかった。
『いつもガミガミ言われ、あんな仕打ちを受けて、どうして起こらないのか』とたずねられたソクラテスは、
『相手がロバなら、誰だって怒らないだろう』
と答えたという。また、別のときには、
『ガチョウがガアガア鳴いたからといって君は怒るかね』
と答えた。このことから分かることは、ソクラテスは少なくとも二回質問されたことである。少なくとも二人の人間が不思議に思うほど、かれはひどい扱いをされても腹を立てなかったのである。クサンチッペがこの答を聞いて喜ぶはずはない。こんな対応をされるくらいなら、怒鳴り返す夫の方がはるかに許せるだろう。ソクラテスは、妻が腹を立ててバケツの水をかけたときも、
『雨に降られて怒る者はいない』
と平然としていたという。ここまでナメた態度をよくとれたものだと思う」(土屋賢二「われ大いに笑う、ゆえにわれ笑う」)

 

僕も最近はかみさんがロバやガチョウに思える域に達してきた。


< 君が代・日の丸  |  一覧へ戻る  |  英語の訛り >

このページのトップへ