HOME > ブログ > アーカイブ > 2009年2月アーカイブ

ブログ 2009年2月アーカイブ

キャリアアップについて

今日、中沢新一のエッセイを読んでいました。
そんなに難しい本ではありません。講談社の「爆笑問題のニッポンの教養」というシリーズです。
そうしているうちに、弁護士会で僕が所属している派閥のメーリングリストで、多重債務問題など自分のキャリアアップにならない仕事をしても時間の無駄、という挑戦的なメールが流れてきました。
「ご批判を。理論は議論によって進化します。」と書き添えて。
 

そして思ったことは、理論を進化させること(だけ)が、肯定的価値をもつものなのだろうかと。直感とか情緒とか、そういったものをもっと肯定的にとらえてもいいのではないかと(これは爆笑問題の太田光が言っていることの受け売りですが。)。


芸術は、7万年のときをこえて、生き続ける。
いまをたのしいと思うきもち、ものを美しいと思うきもちは、生きていく上で、かけがえのないもの。
だから、芸術家は後世に名を残す。


キャリアは、無くても生きていける。
キャリアパーソンの名前は、記憶に残せる範囲でしか、歴史に名を残さない。


私の友人で、「東大法学部の男は馬鹿」と吐き捨て総合文化研究科に進み、オーストリアでフィルムの復元をしている人がいます。
最初は「やっぱ変な奴」と思っていましたが、最近、その言葉の意味が分かる気になってきました。


理論は、村上春樹がエルサレム賞受賞スピーチで触れた「システム」を作るものです。
それは当初は私たちの利益のために作るものですが、あるときそれ自身の命を身にまとい、今度は私たちを殺しに、あるいは私たちをして他者を殺さしめる自身の意思を持ち始めます。
それに対して、私たちひとりひとりは、こわれやすい、魂を殻にとじこめられた卵です。
 

「高く固い壁と、それに当たって砕ける卵の間では、私はつねに卵の側に立つ。いかに壁が正しく、卵が間違っていても、卵とともに立つ。」
 

村上春樹はガザ侵攻のさなかに、イスラエルの大統領の前で、そう言い切りました。
 

理系は理論を突き詰めることで(それがいいことかどうかはさておき)社会を進化させますが、文系は理論を突き詰めることで、社会のかじ取りを誤ることも起こり得る。理論的には、新自由主義を突き詰めることで金融不況を招くことはありえなかったはずなのです。
ロバートカトナーは、「およそ50年間の回り道をした後、我々は、多元主義、平和、そして社会経済計画という1944年の課題に戻った」と総括しています。
 

ニューディール政策を主導したケインズは、深遠で徹底的であるというよりは、直観的であったのです。(間宮陽介「増補 ケインズとハイエク」(ちくま学芸文庫2006年)61頁では、「7人の経済学者に質問を発したところ、8つの答えが返ってきた。そのうち2つはケインズからのものだった」というケインズを皮肉ったジョークを紹介しています。)
結局、理論を追うことは、回り道なのです(それが悪いとは言いませんが。)。
 

人間のもっとも人間らしい状態というのは、いまの社会では表面に出てこないし、評価もされない。
そこを主題にした修士論文は、不合格になりました。
でも、非常に重要なのではないかと、思っています。


Haruki Murakami's speech on 'Jerusalem Prize' at Jerusalem,Israel on Febrary 15

いくつかのブログですでに訳されている村上春樹のスピーチですが、遅まきながら私も意訳合戦に参戦しました。高校時代英語は得意で、弁護士になった後も、渉外事務所に勤めたり外国人被疑者と英語で接見したりということはあるのですが、やはり久々の英語でかなり英語脳がなまっているようです。
 

なお、著作権の問題については、時事の報道を翻訳したものであり著作権の対象にならないと考えております。また、引用としての正当な慣習を踏んでもおります。


読んでいて感じられるのは、彼の視点がまさにポスト構造主義とでもいうべきものだということです。
初期の羊男4部作では、高度資本主義社会に対するデタッチメントが主題の、いわば構造主義的文脈がみられたのですが、社会が20年遅れて村上春樹に近づくにつれ、村上春樹も20年先へと足を伸ばしたようです。
そして、システムと対峙し卵とともに立つ、というあたりは、企業法務を避け、個人事件に収斂させてきた私の価値観とも沿うところがあります。


I have come to Jerusalem today as a novelist,which is to say as a professhonal spinners of lies.
Of course, novelists are not only ones who tell lies, Politicians do it,too, as we all know. Diplomats and militally men tell their own kinds of lies on ocation.
The lies of novelists differ from others, however, in that no one crticizes the novelist immoral for telling them.Indeed,the bigger and better his lies and
the more ingeniously he creates them, the more he is likely be praised by tha pablic and the critics.Why shoud that be?
 

My answer would be this:Namely, that by telling skillful lies - which is to say, by making up fictions that apper to be true - the novelist can bring a truth out to a nee location and shine a new light on it.In most cases, it is virtually impossible to grasp a truth in its original form and depict it accurately.This is why we try to grab its tail by luring the truth from its hinding place, transferrering it to a fictional location, and replacing it with a fictional form. In order to accomplish this, 
however, we first have to clarify where the truth lies within us. This is an important qualification for making up good lies. Today, however, I have no intention of lying. I will try to be as honest as we can. There are few days in the year when I do not engage in telling lies, and today happens to be one of them.


So let me tell you the truth. A fair number of people advised me not to come here to accept the Jerusalem Prize. Some even warned me they would instigate a boycott of my books if I came.
 

The reason for this, of course, was the fierce battle that was raging in Gaza. The UN reported that more than a thousand people had lost their lives in the blockaded Gaza, many of them unarmed citizens - children and old people.


Any number of times after receiving notice of the award, I asked myself whether travelling to Israel at time like this and accepting a literary prize was the proper thing to do, whether this would create the impression that I supported one side in the conflict, that I endorsed the policies of a nation that chose unleash its overwhelming military power.This is a impression, of course, that I would not wish to give. I do not support any nation. Neither, of course, do I wish to see my books subjected to a boycott.
 

Finally, however, after careful consideration, I made up my mind to come here. One reason for my decision was that all too many people advised me not to do it. Perhaps, like many other novelists, I tend to do the exact opposite of what I am told. If people are telling me - and especially if they are warning me -
"don't go there," "don't do that." It's in my nature, you might say, as a novelist. Novelists are a special breed.They cannot genuinely trust anything they have not seen with their own eyes or touched with their own hands.


And that is why I am here. I chose to come here rather than stay away. I chose to see for myself rather than not to see. Ichose to speak to you rather than to say nothing. 
 

This is not to say that I am here to deliver a political message. To make judgements about right and wrong is one of the novelist's most important duties, of course.
 

It is left to each writer, however, to decide upon the form in which he or she will convey those judgements to others. I myself prefer to transformthem into stories - stories that tend toward the surreal. Which is why I do not stand before you today delivering a direct political message.
 

Please do, however, allow me to deliver one very personal message. It is something that I always keep in mind while I am writing fiction. I have never gone so fa as to write it on a piece of paperand paste it to the wall: Rather, it is carved into the wall of my mind, and it goes something like this:"Between a high, solid wall and an egg that breaks against it, I will always stand on the side of the egg."
 

Yes, no matter how right the wall may be and how wrong the egg, I will stand with the egg. Someone else have to decide what is right and what is wrong;
perhaps time or history decide. If there were a novelist who, for whatever reason, wrote woks standing with the wall, of what value would such works be?
 

What is the meaning of this metaphor? In some cases, it is all too simple and clear. Bombers and tanks and rockets and white phosphorus shells are that high,solid wall. The eggs are the unnamed civilians who are crushed and burned and shot by them. This is one meaning of the metaphor.
 

This is not all, though. It carries a deeper meaning. Think of it this way. Each of us is, more or less, an egg. Each of us is unique.irreolaceable soul
enclosed in a fragile shell. This is true of me, and it is true of each of you. And each of us, to a greater or lesser degree, is confronting a high, solid wall. The wall has a name: It is the System.The System is supposed to protect us, but sometimes it takes on a life of its own., and then, it begins to kill us and cause us to kill others - coldly, efficiently, sysitematically.
 

I have only one reason to write novels, and that is to bring the dignity of the individual soul to the surface and shine a light upon it. The purpose of a story is to sound an alarm, to keep a light trained on The System in order to prevent it from tangling our souls in its web and demeaning them. I fully believe it is the novelist's job to keep trying to clarify the uniqueness of each individual soul by writing stories - stories of life and death, stories of love, stories that make people cry and quake with fear and shake with laughter. This is why we go on, day after day, concocting fictions with utter seriousness.
 

My father died last year at the age of 90. He was a retired teacher and a part-time Buddhist priest. When he was in graduate school, he was drafted into the army and sent to fight in China. As a child born after the war, I used to see him every morning before breakfast offering up long, deeply-felt prayers at the Buddhist altar in our house. One time I asked him why he did this, and he told me he was praying forthe people who had died in the war.
 

He was praying for all the people who died, he said, both ally and enemy alike.Staring at his back as he knelt at the altar, I seemed to feel the shadow of death hovering around him.
 

My father died,and with him he took his memories, memories that I can never know.But the presence of death that lurked about him remains in my own memory. It is one of the few things I carry on from him, and one of the most important.


I have only one thing I hope to convey to you today. We are all human beings, individuals transcending nationally and race and region, fragile egg faced with a slid wall called The System. To all appearrances, we have no hope of winning. The wall is too high, too strong, - and too cold.If we have any hope of victory at all, it will have to come from our believing in the utter uniqueness and irreplaceablity of our own and others' souls and from the warmth we gain by joining souls togather.
 

Take a moment to think about this.Each of us possesses a tangible, living soul. The System has no such thing. We must not allow The System to exploit us. We must not allow The System to take on a life of its own. The System did not make us: We made The System.


That is all I have to say to you.
 

I am grateful to have been awaded the Jerusalem Prize. I am grateful that my books are being read by people in many parts of the world. And I am glad to have had the opportunity to speak to you here today.

(出典HAARETZ.COM- Israel News http://www.haaretz.com/hasen/spages/1064909.htm)
 

「私は今日、作家としてエルサレムに来ました。作家として来た、ということは、プロの嘘つきとして来たと言ってもいいでしょう。もちろん、作家だけが嘘をつくのではなく、我々みんなが知っているとおり、政治家だってそうです。外交官や軍人も、場面に応じて、彼ら特有の嘘をつきます。作家の嘘が他の人たちの嘘と異なるのは、誰も作家が嘘をつくことを不道徳だと非難することがない、という点です。本当に、作家のつく嘘が大きくよくできていて、真実らしくあればあるほど、作家は市民や批評家から賞賛されやすくなるのです。なんでだろう?
 

私はこういうことだと思うのです。つまり、よくできた嘘をつくということによって(というのはいかにも本当らしいフィクションをつくということによって、ということだけれども)、作家は真実を天明にさらし真実に光をあてるということなのです。多くの場合、真実をそのままのかたちで把握し、正しく描写するのはほとんど不可能です。このことこそが、真実をその隠れ家からおびきだして、その真実を虚構の文脈に置き、真実を物語と置き換えることによって、真実のかけらをつかもうと我々作家らが試みようとする理由なのです。

真実のかけらをしっかりつかむためには、しかしながら、我々はまず真実が我々の中のどこに潜んでいるかをしっかり認識しなければなりません。このことは作家がいい嘘をつくための重要な試練です。しかしながら今日は、私は嘘をつくつもりがありません。できる限り正直であろうと思います。私が嘘をつくのに関わらない日は年に数日しかないのですが、今日はその数日の中の一日になりました。
 

ですから本当のことを話しましょう。非常に多くの人々が私に、エルサレム賞を受賞しここに行くのはやめなさいとアドバイスしてくれました。中には、もし私が行ったら私の本のボイコットをはじめるとすら警告する人もいました。

その理由はもちろん、いまガザで起きているすさまじい戦闘です。国連の報告によれば、1000人以上の人の命がガザ近郊で奪われ、それらの方々の多くが非武装の民間人、子供や老人だというのです。
 

エルサレム賞受賞の連絡を受けてから、私は何度も自分に問いかけました。いまのようなときにイスラエルを訪問して文学賞を受賞することははたして正しいことなのだろう
か?イスラエル訪問は私が対立の中の一方を支持する印象や、驚異的な軍事力を発動しようとしている国家の政策に賛同している印象を与えないか。これらの印象を与えるこ
とはもちろん、私の望むものではありません。私はいかなる戦争も正しいとは思わないし、いかなる国家をも支持しません。また、私の本がボイコットの対象になる状況を見
たいとも思いません。


しかしながら、熟慮の結果、私はここに来る決心をしました。私の決心の理由の一つは、多くの人がみな行くなとアドバイスしてくれたからです。たぶん、他の多くの作家たちと同様に、私は言われたことと真逆のことをする傾向にあるのでしょう。人々が私に「そこにいくな」「それをするな」とアドバイス、とりわけ警告をしたとき、私は、そこに行きたくなるしそれをしたくなるのです。これはたぶん、作家としての私の性でしょう。作家というのは特有の血統をもっています。作家は、自分自身の目で見たり、自分自身の手で触ったりしていないことについては心から信じることができないものなのです。


そして、そういうわけで私はここにいます。私はどこかよそにいるよりもここに来ることを選びました。私のためにも、見ないことより見ることを選びました。沈黙するより、みなさんにお話することを選びました。
 

このことは、私が政治的メッセージを発するためにここにいるという意味ではありません。正しいことと間違っていることを判断するのは作家の最も重要な任務のひとつにほかならないことは言うまでもないでしょう。
 

しかし、自身の判断を他者にどうつたえるかを決めることは、なお個々の作家に委ねられています。私自身は、物語化すること、それもできるだけシュールな物語化するのが
好きです。だから、私は今日みなさんの前で直接的な政治的メッセージをお伝えしようとは思わないのです。


でも、ひとつだけ、とても個人的なメッセージをお伝えすることをお許しください。それは、私が作り話を考えているときにいつも心に止めているものです。私はそのメッセージを紙切れに書いて壁に貼り付けたりはしません。むしろ、私の心の壁に刻み込んでいます。

そのメッセージとは、こんなものです。

「高く固い壁と、それに当たって砕ける卵との間では、私はいつも卵の側に立つ。」

まさに、いかに壁が正しく、また卵が間違っていようとも、私は、卵とともに立ちます。何が正しく何が正しくないかは、私ではない誰かが決める必要があります。たぶん、時間や歴史がそれを決めるのでしょう。いかなる理由であれ、壁の側に立つ作品を書こうとする作家が仮にいたとしたら、その作品にいかなる価値があるというのでしょう?


この比喩はどういう意味でしょう?ある場合には、それはとても簡単でわかりやすいものばかりです。
爆弾とタンクとロケットと白リン弾がその高い固い壁です。卵は、爆撃され、焼かれ、壁から撃たれる名もなき民間人です。これはこの比喩の意味の一つです。


しかし、これがすべてではありません。この比喩はより深い意味を持っています。このように考えてください。私たちひとりひとりは、多かれ少なかれ、卵です。我々ひとりひとりは、個性的で何物にも代えられない魂を壊れやすい殻の中に持っています。私にとってはそうですし、みなさんひとりひとりにとってもそうであるはずです。そして私たちひとりひとりは、多かれ少なかれ、高く、固い壁に直面しています。その壁は名前を持っています。それはシステムです。システムは私たちを守るものと考えられていますが、ときにシステムはシステム自身の命を身にまといます。そして、システムは私たちを殺し、私たちをして他者を殺さしめる原因となるのです。冷酷に、効率的に、組織的に。


私は小説を書く理由をひとつしか持っていません。それは個々人の魂の尊厳を表に出しそれに光をあてることです。ストーリーの目的は警告音を鳴らし、システムが我々の魂をシステムの網に絡まらせたり、魂の意味を減じさせたりするのを阻止するために、システムにライトを向け続けることにあります。私は、ストーリーを書きながら常に個々人の魂の個性をはっきりさせることは作家の仕事であると固く信じています。そのストーリーは生と死にまつわるものであったり、恋愛小説だったり、人々を驚愕させ恐怖で震えあがらせるものであったり、または笑いで人を振るわせるものであったりします。私たち作家が、毎日毎日、全く真実らしいフィクションを作り上げながら暮らしていくのは、こういった理由によります。
 

私の父は昨年90歳で亡くなりました。父は元教師で、兼業坊主をやっていました。父が大学院在学中、父は陸軍に抜擢され中国での戦闘に送られました。戦後子供が生まれたため、私は父が毎朝食前に長く、趣深い祈りの言葉を我が家の仏間で述べているのをよく見たものです。私は彼に一度、なぜそのようなことをするのか尋ねましたが、父の返事は、父は戦争で亡くなる子供たちのために祈っているということでした。

父は言いました。父は敵味方問わずすべての死者のために祈っていると。父が仏前で膝まづいている背中を見ると、私は死の影が父の周りを漂っていると感じるきがするので
す。

父は、私には知りえない父自身の記憶を持ってあの世へ行きました。しかし、父の周りにうようよしていた死の存在は、私自身の記憶の中に残りました。私が父から受け継いだものはとても少ないのですが、この記憶は少ない中の最も重要なひとつとなりました。

私が今日みなさんに伝えたいと思っていることは一つだけです。我々はみな人間であり、国籍や民族や宗教を超えた個人であり、システムという名の固い壁に直面した壊れやすい卵なのです。どう見ても、私たちに勝ち目はありません。壁はとても高く、とても強く、そしてとても冷徹です。もし我々にわずかでも勝利のきざしがあるとすれば、それは、私たちと他者の魂の個性とかけがえのなさへの我々の信頼と、我々の魂が一緒になることによって得る温かさとからくるものにちがいないでしょう。
 

このことについてちょっと考えてみましょう。我々はひとりひとり、確かに存在する生きた魂を持っています。システムはそのようなものは持っていません。我々は、システムに我々を食い物にすることを許してはならないのです。我々は、システムに、システム自身の命を身にまとうことを許してはならないのです。システムが我々を作ったのではなく、我々がシステムを作ったのです。
 

皆様にお話したいことは以上です。
私はエルサレム賞をいただいたことに感謝します。私の本が世界のあらゆる所で読まれていることに感謝します。そして、皆様に今日ここで話す機会を得たことをうれしく思います。」


電波

「恋は電波に乗って あなたの街に あたしの想いを届けに旅に出る
恋は電波に乗って 遠くの街に あたしの想いを届けに旅をする
RADIOのボリュームをちょっとあげて 恋する声が届くはず・・・
今夜電波に乗って 眠る街抜けて 夜行列車より光よりも 速く
ひざをかかえても 恋にやぶれても ぬくもりのガラスケースにいられない
RADIOのボリュームをちょっとあげて ゆううつなDAYS こえるわ FANTASTIC!!」
(「RADIO」JUDY AND MARY)

 

法テラスのコールセンターで執務中、

4キロメートル先の病院から電波を発射されて困っている
しかもあたたかいのじゃなくて冷たくて重いのだから、さむくてこまる
なんとかしてほしい


という電話を、スタッフさんから「なんとかしてください、先生」と投げられた。
どう考えても弁護士の仕事ではない。


僕「うーん、電波を送られて困るっていう相談は多いんですけどねえ、法律ではどうしようもないんですよ。あなたみたいに困っている人、他にもいっぱいいますよ。
でも恋が送られてきてハッピーになる人もいるんだから、我慢してください。」


錯覚

「10代だった頃、周囲のオトナたちは堂々として見えたものだ。
大学生は自分などより物知りであり、世慣れたふるまいはスマートに感じられた。
オヤジたちには分別があり、どんな事にも落ちついて対処できるだけの経験と知恵を備えているようだった。オドオドしたり緊張したりということには無縁の存在に思えたものだ。

だから、ぼくもいずれは彼らのような頼もしいオトナになれるものだと楽観していた。
しかし、自分が歳を取るにつれて、わかったことがある。人間、歳を取ったからといって、そんなに変わりはしないのだ。たしかに外見は変化する。経験を重ねてたいていのことは無難に対応できるようにもなる。

だが内面は違う。経験でカバーできることなんて、上っ面の部分だけ。根が小心な人間は、いつまでたってもオドオドしっぱなしなのだ。どっしり見える分だけ、むしろ内面とのギャップは大きくなったと言ってもいい。

錯覚だったのだ。オトナと見られる人の大半は、内面クヨクヨ、オドオドしながら、何喰わぬ顔でそれを見抜かれないようにカモフラージュしているだけなのだ。」
(北尾トロ「キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか」)


「どこだ!!」

記者「反保護主義ということで議論がされたと思いますが、中川大臣はどのような発言をされたのですか?」
中川大臣「一日も早く、この21年度の予算、あるいは20年度の予算の関連法案をあげると」
(G7後の中川昭一財務・金融問題担当大臣の記者会見)

                            
裁判官や検察官は何も分かっていない裸の王様だ、と思っていますが、僕が何をしたって彼らに絶対に及ばない、彼らの素晴らしい側面というのがあることは認めざるを得せん。
 

それは、毎朝休まず9時半に登庁するということ。
 

なぜ、風邪をひく日がないんだろう。
それと、僕が午前中に相談を受けたりすると「眠いなら結構です」とお帰りになられた方がいたこともあって、それ以後午前中には仕事をいれないことにしているのですが、
医者自身「こんなに処方していいのかなあ~?」てくらいの睡眠薬を飲んでいるので、朝はまさにG7後の記者会見中の中川昭一大臣状態なのです。
 

中川大臣は引責辞任しましたが、体調の問題を責められるもんではないでしょう?って思うのは同類だから?
でも、周囲の誰かがストップをかけるべきでしたよね。
欠席した方がましだということだってあるのです。
 

ですから僕も裁判を欠席することがたまにあります。


思い出に間に合いたくて

「抱いてと 抱いてとせがめば 
続いて 続いていたかしら 果たせぬ約束も
これから これから行方を 探さずに お互い生きるのね」(「思い出に間に合いたくて」松任谷由実)

 

高校2年のときに付き合っていた彼女から、東大受験終了後に「会いたい」という手紙をもらいました。
部屋の箱の中から出てきました。
そのあと、どうやって自然消滅したのかよく覚えていないけれど、那覇で修習中も電報をもらっているし、弁護士1年目には、偶然東横線の車内で一緒になったこともありました。
 

現住所とか、家族構成とか、行方を調べようと思えば弁護士の職務上請求で調べられないこともないけれど、彼女がお怒りになったら、懲戒ものなのでやめておきます。
 

これから行方を探さずに生きるのは、ちょっとつらい。
もしこのブログを発見したら、ご一報ください。


HYPER 90's CHOCOLATE BOYFRIEND

「こげ茶色KISSでいっぱいPRETTY DAYS
少し陽気に世界はくるいだした
あなたとわたし あふれるほどのCHOCOLATEで 今夜眠れないくらい夢を見ていたい
恋はどこまでも甘く
2人はCHOCOLATE気分に堕ちてくああ~
こげ茶色のくちびるもとけちゃうPretty Days 
太陽の少しSlow に廻り出した
あなたとわたしあふれるほどのCHOCOLATEは 天使にも悪魔にもだれにも止められないわ」
  (「HYPER 90’S CHOCOLATE BOYFRIEND」JUDY AND MARY)

 

2月14日、彼女のいない世の多くの男性にとって、何でもない日であることをことさらに意識する日。
どこかで、女性が男性にチョコレートを配給しているらしい。
どこでもらえるのだろう。
僕はいままで、2月14日に彼女と付き合っていたことがない。
かならず、その直前で別れる。
今年も、かみさんを含め、誰からももらっていない。
このブログを、もし昔の友人知人が見ていたら、チョコレートを送ってください。年中受け付けております。


「大人」?

「生協への質問・意見・要望 
『Jリーグチップス買いしめました!!』

生協からのお答え
『買い占められました・・・。ありがとうございます。
すわ完売か、と思いきや、在庫にまだ少しあったので、現在(7/21)棚に出しています。よろしければまた大人買い、企ててみてください。(担当)白石』」
 (「生協の白石さん」白石昌則 東京農工大学の学生の皆さん)


裁判で熊本に出張してきました。
行き帰りの機内では、もちろん、ドリンクサービスがありました。
僕は空のペットボトルをCAさんに差出し、

「これいっぱいにオレンジジュースを」

と頼みました。

「大人頼み」?

JALデスさんは笑顔で応えてくれました。
3回も。

ちなみに、以前ANAでは断られています。


すてきな音楽

「曲が素敵になるためには純粋に音楽性も必要だけど、個人の思い出も必要だ。どんな季節でも、恋に落ちた頃や、終わった頃に流れていた曲ってのは記憶に残りやすい。」
(伊藤たかみ「助手席にて、グルグル・ダンスを踊って」)


まえださん、コメントありがとうございます。
 
Get Smileが収録されているアルバム「ミーハー」は僕が中学生くらいのころのもので、レンタル店で借りてきてカセットに落として、通学のときに毎日同じ電車の同じドアに乗る気になる子の背後をキープすべく努力しながら聞いていた懐かしい曲です。

森高も、後期には「ロックンロール県庁所在地」とか「ザ・ストレス中近東バージョン」とか駄作を連発してださくなりましたが。


また、このブログの初期にはフリッパーズギターの曲名だけ題名に拝借していたのですが、フリッパーズギターも、予備校で英語の授業中好きだった女の子がメモに「フリッパーズギター解散!」て書かれたメモを回してきてくれて、それをきっかけに一気に全曲聴いた思い出の曲です。
そして、平成4年に大学に入って浮かれているときは、CHAGE & ASKAでしたね。
平成7年に受験勉強をしているときに彼女と一緒に聴いていたのは、Mr.ChildrenのInnocent World.
彼女はミスチル好きだったような気がします。
平成8年に司法試験に合格してからは、心を打つ曲って、ないですね。
 

カウントダウンTVで1992年から1996年ころを振り返られると、胸がきゅんとします。
いつの世代も、懐メロは、懐かしいから、すてきな音楽なんでしょうね。
思い出という誰にも真似のできないアレンジが加わっていますから。


1

« 2009年1月 | メインページ | アーカイブ | 2009年3月 »

このページのトップへ