HOME > ブログ

ブログ

遺産分割問題を行政書士・司法書士に相談しないでください。

遺産分割問題を行政書士・司法書士に相談しないでください。

遺産分割協議書の作成についても離婚問題と同様です。
行政書士・認定司法書士は遺留分の説明をしてはいけないでしょうし、法定相続分の説明をしても弁護士法違反でしょう(認定司法書士であっても許されないのは、家庭裁判所の管轄事件で簡易裁判所の管轄事件ではないからです。)。依頼者の意向をとりまとめて遺産分割協議書を作成して新たな権利義務関係を発生させるのは論外です。依頼者の言うことをそのまま書面に書く以外に非弁行為のそしりを免れることは困難です。

ただ、遺産分割協議書による不動産の登記については司法書士の本領ですので、遺産分割協議書を作成するのはたしかに司法書士のほうが向いています。ですから、話し合いは弁護士が行い、話し合いがまとまった時点でその内容をそのまま司法書士に書面にしてもらうのが法的に許された唯一の方法です。私の事務所では、日頃から協力関係にある司法書士と二人三脚で遺産分割協議を行います。

行政書士の離婚相談は違法です!

行政書士の離婚相談は違法です!

離婚問題を行政書士・司法書士に相談しないでください。
行政書士は、「事件」を扱うことができません。
この点について、離婚に基づく慰謝料請求の内容証明を送ったことが非弁行為であるとして大阪弁護士会から大阪地検に告発された行政書士が大阪弁護士会に対し慰謝料を請求した裁判では(なお、告発については起訴猶予となったようです。)、内容証明郵便の作成業務、示談書の作成業務とそれに付随して行った依頼者への助言などがすべて非弁行為と認定されています。

すなわち、
・依頼者に慰謝料の請求権があるかどうかの確認・聞きとり
・不貞行為について立証できる証人がいるかどうかの聞きとり

など、依頼者の法的権利の確認やその当否を行政書士が判断することはすべて弁護士法に違反する犯罪であるとされました。

そして、慰謝料の請求書を「送付したことで新たな権利義務関係を生じさせているので事件性のある業務になる」から慰謝料の請求自体非弁行為として、弁護士以外はできない法律事務とされました(離婚事件の管轄は簡易裁判所にはないので、認定司法書士も離婚事件にかかわる付帯請求はできません。離婚せず140万円以下の慰謝料を請求するだけなら認定司法書士でもできますが。)

したがって、行政書士が行政書士法に基づき認められている「契約書作成業務」は依頼者の言うことをそのまま書面に書く以外に非弁行為のそしりを免れることは困難です。

離婚問題に関して詳しく知りたい方はこちら

領収書の宛名

駅で切符を買ったので領収書をください、と言った。
「お宛名はどうなさいますか?」
「佐藤様で。」
「漢字でよろしいですか?」
「ペルシャ文字でお願いします。」
 

駅員は言葉に困ったように凍りついていた。


それでもボクはやってない

「周防正行監督はその後、裁判への怒り、不信感をストレートにぶつけた社会派ドラマとして、痴漢冤罪事件をテーマにした『それでもボクはやってない』を撮った(2007年公開)。小細工なしの作り方は清々しいほどで、日本の裁判が抱える問題点が凝縮された作品だ。なんの説明もされないが、裁判長がチラチラと視線を上に向ける(正面にある時計を気にしている=やる気がない)シーンなどディテールにもこだわっていて、かなり傍聴経験を積んだことは明白。2時間強があっという間だった。
映画にはいかにも興味本位な傍聴マニアも出てくる。試写を見た後、周防監督にインタビューする機会があったので『ああいう傍聴人もいますよね』と言ったら、『ははは、実はあの役、脚本では北尾って役名になっているんですよ』とのこと。とほほほ。」(北尾トロ「裁判長!これで執行猶予は甘くないすか」)
 

業務停止1年の処分を受けました。懲戒委員会の事実認定は、もととなった問題の裁判事件を悪意をもって深読みした内容で、判決自体が事実誤認であるというこちらの主張は全く考慮されませんでした。それどころか、判決の認定した事実と矛盾する「思い込み」で僕の主張が真だとは「到底考えられない」だと。
 

こんな弁護士会に冤罪をなくせとかいう資格はない、と思った。

日弁連に不服申し立てをしているので、せめて日弁連には良識があることを願う。


宝くじ

「結婚をしばしば宝くじにたとえるが、それは誤りだ。宝くじなら当たることもあるのだから。」(バーナード・ショウ)
 

僕が当たった宝くじは100円でしょうか・・・


DHMOに反対しよう。

(DHMOとは)
DHMO (Dihydrogen Monoxide) は一酸化二水素と呼ばれる水酸の一種で、無色、無臭、無味の化学物質です。比較的古くから工業活動に使用されていましたが、産業の巨大化や軍事技術の発展に歩調を併せるかのように、その使用量は増加してきています。

DHMOは、毎年無数の人々を死に至らしめています。報告される死亡例の多くは、偶然液体状のDHMOを吸い込んだことによるものですが、危険はそれに留まりません。
カナダの医学病院において、固形状態のDHMOに接触すると身体組織に激しい損傷を来たすことが実験で確認されています。又、DHMOの吸収が発汗、多尿、腹部膨満感、嘔気、嘔吐、電解質異常などを引き起こすことも臨床的に確認されています。

アメリカの国立衛生研究所のレポートには、末期癌患者から採取した癌細胞には多くのDHMOが含まれているという事実が(さりげなく)記されています。癌の研究者にとってこれは公然の事実となっています。

訳者の知人の医師も、この事実を認めています。彼女は「まともな医師ならばこの事実を否定できるはずはない」とも述べています。

 

(拡大する汚染)
南米で採取された酸性雨のサンプルからもDHMOが検出されています。地球温暖化の原因となる「温室効果」にも影響があることが統計的に示されています。北米穀倉地帯における地表侵蝕を促しているとの報告もあります。
 

日本で採取された酸性雨のサンプルからもDHMOは検出されています。
汚染は広範な地域に及んでいます。米国内の多くの河川、湖沼、貯水池でDHMOが発見されています。汚染は米国に留まりません。北米およびヨーロッパの人口100万以上の全ての都市において、 DHMOの存在が確認されています。都市部だけではありません。 DHMOは南極の氷の中やペンギンの体内からも発見されており、人里離れたサハラ砂漠の真ん中においてさえ、少量ながら存在が確認されているのです。
 

我々の調査によれば、日本国内の人口30万人以上の全ての都市でDHMOが見つかっています。

 

(見て見ぬ振りをする人達)
これらの事実にもかかわらず、 DHMOは多くの大企業において溶媒や冷却の目的で利用され続けています。 原子力関連施設や大規模コンビナートでの消費量は大きく、又、遺伝子操作や動物実験にも使われています。工業のみならず、農業においても特に大規模農業において例えば農薬散布などにも大量に使われています。特殊な処理を行えばDHMOの除去は可能ですが、商品価値の低下とコスト高をもたらすため、ほとんど行われていません。結果として、ジャンクフードを始め、工業的に大量生産される食料品のほとんどにはDHMOが含まれたままなのです。
 

大企業は使用済みのDHMOを河川、海洋に投棄しています。学会も政府もDHMOの投棄による環境への顕著な悪影響を認めておらず、従ってこの行為は全く合法なのです。自然生物への影響が懸念されますが、法律的には現在何もできないのです。
 

政府はDHMOの製造、頒布に関する規制を「合理的理由がない」として拒んでおり、学会も産業界も政府のこの動きを支持しています。
 

このあたりの事情は、米国も日本も変わりません。日本政府も日本の学会・産業界もDHMOの顕著な悪影響を認めていません。

 

(軍事利用)
軍もDHMOに関する研究に巨額の費用を投じてきました。 軍事行動時にDHMOを効果的に利用するためです。陸海空海兵の種別を問わず、多くの軍事施設にはDHMOが備蓄されています。米陸軍のレポートには、DHMOが近代戦の遂行に不可欠であるとの記述すらあるのです。

沖縄の米軍基地にDHMOが備蓄されていることはほぼ間違いありません。厚木や横須賀についても備蓄を示唆する資料が米軍の公開データの中に含まれています。又、日本に寄港する米軍艦艇がDHMOを積載していることを米軍当局は否定していません。日本政府もこの事実は承知しているはずですが、抗議を行ったことはありません。

 

(子供達への影響)
妊娠中の母親がDHMOを摂取した場合、胎盤を通じて胎児へもDHMOが伝わることが実験的に証明されています。授乳期間中の母親がDHMOを摂取した場合に、 母乳にDHMOが含まれることも実験的に証明されています。多くの子供達、とりわけ第3世界の子供達にとって、体内のDHMOの量は生存と成長に直接影響を及ぼす問題になっています。

 

(DHMOに反対しよう)
ダイオキシンなどの化学物質や 環境ホルモン(外因性内分泌撹乱化学物質)などによる環境への影響が世界的に問題になっている今、わたくしたち、地球の未来を案じる市民は、平和的手段を使って社会にDHMOの問題を広く呼びかけるものです。

又、この訴えに対する政府、企業、学会からの不当な弾圧に対して決して屈しないことを宣言します。


HAPPY BIRTHDAY, MAIKA

「HAPPY BIRTHDAY TO YOU.
この広い世界は すべての国境をこえ 誰でも持っている。
素晴らしい一日を」(「Birthday song」BEGIN)
 

今日は娘の舞花の誕生日。
誕生日プレゼントとして、4種類のプレゼントを用意した。
1つ目は、紙でくるんでプラケースに入れた1万円分の図書カード。
2つ目は、紙でくるんでプラケースに入れた500円分の図書カード
3つ目は、プラケースに入れた板野友美の生写真
4つ目は 明らかにお金と分かるように入れた1円玉や5円玉をじゃらじゃらといくらか。
いずれも封筒に入れて、厳封したので、僕もどれがどれだか分らない状態です。
 

 そして、この中から、2つを選んでくださいと言いました。
 
 もともとは最初の3つから1つを選んでくださいとしようと思っていたのだが、舞花が3つのうち1つより4つのうち2つの方が3分の1が2分の1になって得だから4つのうち2つがいいというので4つ目を用意した。
 どうも、しょうもないプレゼントが一個増えて1万円が当たる確率が3分の1から4分の1に落ちるかもしれないということには気づかなかったようだ。)

一応紙にくるんで、透かしても分からないようにしたつもりだったのだが、透かしたら図書カードの影が映ってしまっていて、図書カード1万円分と500円分がどれかは簡単にばれてしまった。
その後舞花は一生懸命小銭がいくらあるか封筒の上から手触りで探っていたが、途中でわけがわからなくなり、結局図書カード2枚のプレゼントとなった。
 

ちなみに、選び終わった後小銭を数えたら1500円くらい入っていた。


職質に答えるのは義務ではないですよ~だ。

2日連続で、職質で囲まれてかえれなくなった人の連れだしの依頼。
 

警察官は、職質なので答えてもらわないと困ります、とばかなことを言っていたが、警察署の宿直責任者の指示で警察が素直に引っ込んで、僕の事務所のある新宿まで警官が一人ついてきて世間話をしただけで昨日はうまくいった。
 

で、今日はというと、最初は電話でパトカーに押し込められて出してもらえないと言っていたが、弁護士に電話したら帰っていいよと言われた、というので、とりあえずガサに対する対策を考えたりとかして警察が本件を終わりにするまで事務所にいてもらおうと思ったのだが、勝手に家に帰ってしまって、家から「警官隊に囲まれました。助けてください」と電話が入った。
僕は僕の言うことを聞かない人の弁護はしないからね~、と言って電話をガチャ切りした。

まあ、二人ともシャブなのだが(一人目は自宅に所持していて、どうしようと言っていた。僕は、自分で捨てるのなら問題ないが人に捨ててもらうとそのひとは証拠隠滅罪になる、と言ったのに組の部下になんだか電話しているので、ぼくは席をはずした。)、よくまあ僕のところを知ったもんだ。類友?


東京の街が奏でる

 小沢健二のコンサート「東京の街が奏でる」を聴いてきた。
 「ひふみよ」のときはみんな懐かしくて大はしゃぎ、という雰囲気だったけど今回は弦楽四重奏(と言われてもなんのことかはわからない)で静かに耳を傾けるシックな感じだったり、だとおもえばいきなりオザケンがテンションあげて会場に振ったり、またちがった趣があった。
 

 二曲ほど新曲を披露していたけど、オザケンに新曲はいらないんじゃないかな、って思った。僕の友達がブログでオザケンのことを「私達の学生時代のテーマソング」と表現していたが、その位置づけでしか僕は聴けない。
 ちなみに、「ひふみよ」のライブCD三枚組と本2冊と歌詞カード兼写真何十枚かと写真立てたくさんが1セットになった「我ら、時」がパルコミュージアムで開催中の小沢健二展覧会限定で売ってるそうです。高いです。あいつ商売人です。


僕の家

「僕の家は、シャンゼリゼ通りをずっと東に行ったところにあります。」
 

嘘は言ってない。


1234567891011

アーカイブ

このページのトップへ